日本人のための海外記事

海外記事を翻訳しています

米傭兵会社「ブラックウォーター」社長がトルコを密かに訪問

Blackwater head trips to Turkey | Veterans Today

f:id:news4JP:20160329204125j:plain

2016年3月26日

トルコのニュースサイト、7(サバア)によると、米ブラックウォーター社長のエリック・プリンス氏がトルコを訪問したが、トルコ政府はメディア流出を防ぐ為、MIT(トルコ情報部)の職員を空港に送り、プリンス氏を密かに迎えたという。

アンカラに到着すると、プリンス氏はトルコ情報部・警備部を含む政府高官と面会した。現在、エルドアン政権は、国内における緊張の高まりを懸念しており、暴動鎮圧を想定した動きであると専門家は分析している。

ブラックウォーター社は、主に治安維持のための警備や依頼による特殊作戦の遂行などを業務としている。現在、多くの戦争中あるいは紛争中の国々でブラックウォーター社が活動を行っており、同社広報官によると「我々は、アメリカ合衆国およびイスラエルの同盟国の要請があれば、世界のどこででも業務を遂行します。依頼主が望めば、すぐにでも敵を殲滅することが可能です」と述べていた。

また専門家によると、最近トルコの与党、AK党(公正発展党)はイスラエルとの秘密協定に合意し、テロ対策・治安維持のためにブラックウォーター社を薦められたという。最近、クルド人地域に出現し、同地域で攻撃を行っている「アサドゥッラ」という武装組織に、同社が関与している可能性が極めて高いと述べた。

広告を非表示にする